弾丸サマルカンド観光

前回、”青の都 サマルカンド”はここをクリック。


サマルカンドの朝です。
寝ていることがもったいなくて早起きした。

サマルカンドは【青の都】として有名で一度見たかったんやけど、こんなにも早く実現するとは思っていなかった。
ゲームのFFでザナルカンドって街があるんやけど何となく聞きなじみもあった(笑)

早速、ドローンを準備してグーリ・アミール廟




グーリ・アミール廟は宿から徒歩約1分の場所にある。

そんな好立地の宿は、ゲストハウス”Emir Hotel”http://bit.ly/2Zq4ffW)。
ドミトリー朝食付き約12US$(約1,300円)、スタッフは丁寧な印象。
但し、Wi-Fiが弱く、午前中にリセットされるのかパスワードが変更されます。
リセットされた後はWi-Fiを利用させてくれないのでWi-Fi必須の俺にとってめんどくさくてマイナス点。

グーリ・アミール廟はまだ開いていないけど、掃除しているスタッフにお金を払ったら敷地内に入れてくれた。
でも、廟の中は8時半にならないと入れません。


P8126358.jpg
▲このモザイク画細かくて綺麗でしょ?


P8126359.jpg


P8126364.jpg


P8126368.jpg


P8126373.jpg


P8126414.jpg


P8126416.jpg


P8126415.jpg


外から見て、ドローン飛ばして宿に戻ってもアンソニーは寝てた(笑)

支度してまずは銀行。
朝食が食べられなかったアンソニー、銀行途中にあったハンバーガーショップで食事。


サマルカンド地図


P8126377.jpg


ウズベキスタンでは銀行、両替所ともに日本円をソムに替えることができます。
さすが親日国です!

しかし、”+PLUS”マークのATMがないのでお金を下ろせない、、、。
手持ちのお金をうまく使うしかない。


アンソニーが100US$(約10,700円)を両替したら全て100円で帰ってきた的な(笑)


P8126381.jpg


他人事やから笑えるけど、銀行やねんから単位の大きいお札だせよ!って思った。


さて、観光開始。
まずは有名なレギスタン広場。

グーリ・アミール廟から徒歩10分くらいかな?
朝、グーリ・アミール廟を空撮した時にレギスタン広場も撮っていたので見てください。





P8126385.jpg


P8126388.jpg


P8126391.jpg


P8126394.jpg


P8126398.jpg


P8126400.jpg


P8126409.jpg


ペットショップに孔雀売ってた(笑)


P8126428.jpg


道に注射器落ちてた(笑)


P8126429.jpg


ウズベキスタンは日本人が多すぎる、、、。
キルギスでは山の中以外で日本人に出会わなかったのに、、、。


他にも”ビービー・ハーヌム・モスク”とか、”ウルグ・ベク天文台”に行ったけど省略(笑)


十分観光したので、サマルカンドから西に約300kmを4時間掛けてブハラに移動することにした。


tas-buh.jpg


ターミナルでシェアタクシーの価格交渉。


サマルカンドMAP


P8126441.jpg


ブハラまで55,000ソム(約660円)!!
安すぎる!


このターミナルで初めて若い物乞い女子が寄ってきた。
キルギスのオシからサマルカンドまで道端に物乞いが座ってても寄ってくることはなかった。
適当にあしらって間に人数集まったのでブハラに向けて出発!

このタクシー、なんとA/C(エアコン)入れてくれました!
キルギスでもウズベキスタンでも何故か付けてくれなかったのに♬
4時間快適に移動できると思っていたけど、相乗りした同乗者デカすぎます!

助手席をゲットした!って思っていたら、アンソニーが
『僕がここに座るから後ろに座って』って(笑)


道中、アイス食べながら地平線に沈んでいく夕日見ながらナボイを経由してブハラに着いたのは21時半でした。


P8126449.jpg


P8126448.jpg
▲買ったアイスどこ持つねん!爪で摘まむ的な??(笑)


宿に荷物置いてすぐに観光&ご飯!

ここブハラの中心部には世界遺産などの遺跡が密集している観光地なんやけど、がちゃがちゃし過ぎておらず気に入りました。
この地に来た人は、サマルカンドよりブハラの方がよかったって言うそうです。


P8126455.jpg


P8126452.jpg


宿から徒歩15分ほどの場所にある中心部に向けて歩いている途中、床屋を見つけました。
挑戦中からず~~~~~っと髪を切りたかったので、何時まで開いているのか?何時から開くのか聞いたら、

『22時半まで開いてる』

っていうので、ご飯食べて戻ってくることを伝えてとにかくご飯。
ところが、食べるものというか食べる場所が決まらない、、、。
アンソニーにはどうもこだわりがあるらしく、

『観光地値段なので高いからね』

って、かなりの時間徘徊しても決まらない。

「そんなん言ってたらここでは食べれんやん!」

観光客がたくさん居る観光地ですから!!
で、入った店はレストラン、、、。


おい!!(@_@)


ま、全部おいしかったのでいいけど、お店探しで徘徊しすぎたから、床屋に間に合わんやん!


P8126459.jpg


床屋は明日やなぁ~って思いながら宿に戻っていると開いていた!

刈ってくれるって言うのでやってもらうことにした。

因みに現在23時半(笑)


P8126460.jpg


P8126463.jpg
▲もうね、髪の毛が風を感じるくらい伸びてて、朝起きたら寝ぐSETなってた。!(笑)


海外遠征行くと1ヶ月くらい山に居るので伸び放題。
今回もキルギスの山に20日くらい籠っていたからね。

日本では床屋に行くのが面倒でいつも家で自分で刈ってるんやけど海外では床屋行く。
「お任せ!」って言っても大体丸刈り。
いちいち考えるん嫌なんかな??


チリの床屋ではマイクタイソンみたいになったし、


170104 (41)


ペルーのクスコでは襟首揃えすぎやろ!ってな髪型にされた(笑)


130429 (78)


ま、これですっきりっ!!


次回、”貴重な文化を体験”はここをクリック。
※FBではぼかし入れたけどブログでは加工はしません。閲覧は注意してくださいね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です