貴重な文化を体験

前回、”弾丸サマルカンド観光”はここをクリック。

※文中ではグロテスクでショッキングな画像が掲載されています。
おれのFBではぼかしを入れていましたがブログでは入れません。
大切な文化なので画像、表現共にリアル掲載です。注意してくださいね。



さて、ブハラ初日であり最終日(笑)
徹底的に観光するために気合で起きた。

朝は観光客が少ないのでドローン飛ばしやすいんす。
準備して離陸っ!



▲記事に出てくる工事現場も写っているよ~。


宿から徒歩数分の場所に世界遺産の1つ”チャル・ミナル”って遺跡があります。

チャル・ミナルは他の見どころとは少し離れた旧市街の東側にある一風変わった建築物。
チャル・ミナルとは「4本のミナレット」のことを指し、もともとはメドレセの門番小屋として建てられたけど、メドレセ自体はもうありません。
チャル・ミナルの伝説によるとインドの金持ち商人が4人の娘の事を懐かしく思って4本のきれいなミナレットを建設したらしい。

娘たちの容貌が4者4様だったので、ミナレットのタイル装飾も4本全て違うんやって。

アンソニーは朝が苦手なのか、ドローンを飛ばし終わるころ起きてきた。
見学のペースやら見たいもの、興味があるもんが違うので、お昼まで別行動しようって伝えてひとりで観光に出掛けた。

向かう途中に見つけた工事現場の作業に見入っていると、


『おい!入っていいぞ!』

「(工事を指さして)これ見ていいん??」

『(違うところを指さして)あれ見ろ!』


指さした方を見ると木に繋がれた山羊?(マトン)が元気に暴れてる(笑)
ペットかな?


P8136467.jpg


『おい!(親指で首を切る動きで)シュッ!』
『(ご飯を食べる動きで)昼飯や!』


”えっ!”



理解できた(笑)



「今から??」

『そやで!見ていくか?』

「うんっ!」


そうこうしていると、マトンが現場の端に連れていかれた。


P8136470.jpg


2人で押さえると1人が手で首を探る。

”きっと脈を探してる”


脈が見つかったのか、俺に顔を向けて、

『行くぞ?』

おれは”うんっ”って頷いた。

スパっとやったら血がピューって弧を描いて噴き出た。
それを見た瞬間、目を逸らしてしまった。
すぐに視線を戻したけど、その頃にはマトンはほとんど動かんかった。


P8136472.jpg


それから手際よく皮を剥ぎ始めた。
剥ぎ方はバリバリ剥がす感じではなくて、足首を軽く切って皮と肉の間に空気を入れていくんです。
風船を膨らますみたいに。
そしたらマトンが膨らんで風船みたいにパンパンに(笑)


P8136473.jpg
▲空気が入ったら足がピンってなった(笑)


膨らんだ姿は漫画やん!って思った(笑)
その後、綺麗に皮を剥ぎ始めた。


P8136474.jpg


P8136475.jpg


工事現場のすぐ隣がチャル・ミナル。
まだまだ時間が掛かりそうなので、


「先にチャル・ミナル観光してきていい?」

『ええぞ!行ってこい!(笑)』


P8136478.jpg


チャル・ミナルは小さな遺跡で中に入ると土産物屋になっていた。
建物の上に上がるには、5,000ソム(約60円)。
4本のミナレットを間近で見られるなら安いと思います。


P8136479.jpg


P8136481.jpg


P8136498.jpg
▲ドームの上に行く足場になってる。


P8136484.jpg


見学を終えて工事現場に戻るとね、事件は現場で起きてた(笑)
剥いだ皮の上に、内臓(丁寧に言うとホルモン)が乗せられてた。


P8136506.jpg
▲重機に吊られてた。首は足元、、、。


要らん部位を投げて捨てたら、ペチョって張り付いた、、、


P8136507.jpg
▲ペッチョってスライムちゃうんやから(笑)


その光景に気づいたチャル・ミナルに向かう観光客の中には”えっ~~~!”って何とも言えん顔してる人が居たけど、”お前らスーパーで並んでる肉見てるやろ!”って思った。

きれいに取り分けられていくのをじ~~~っと見ていると、


『おい!2時間後に戻ってこい。』


このまま見ててもいいんやけど、これだけでブハラの時間を取られるのもなぁ~って考えていたから丁度よかった。


次回、”激うマトン!”はここをクリック。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です