激うマトン!

前回、”貴重な文化を体験”はここをクリック。
※前回記事ではグロテスクでショッキングな画像が掲載されています。
大切な文化なので画像、表現共にリアル掲載です。注意してね。




P8136515.jpg
▲リャビハウズ


ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ

旧市街のど真ん中にあり、17世紀中期に建てられたらしい。
この建物の入り口には鳳凰の絵が描かれてます。


P8136513.jpg


偶像崇拝を禁じているイスラム教に関連する建物で動物の絵が描かれているのはとても珍しいんですよ☆
ナディール・ディヴァンベギ・メドレセの中から トントントン、カンカンカン、トンカントンカン音が聞こえてきて中に入ると土産物の職人たちが金属製のお皿をノミ?で彫っていました。


P8136510.jpg


プレス機で大量生産しているのかと思っていたのでちょっと感動です。

こういうの見るのが好きでず~~っと見てしまう。
以前、紅芋タルトを作っている製造ラインを紅芋餡が無くなるまで見ていたことがある(笑)
ここでも見続けてしまいそうになったけど職人の嫌そうな顔を見て我に返った。


P8136511.jpg


タキ・バザールに向かう途中に見つけたモスク。
モスクの中より入り口横で開いていた塔の扉が気になった。


P8136524.jpg


ん?
入ったよ?


「すいませ~~ん。誰かいませんか~~~?」


建物の上は修復の工事現場。
俺の声を聞きつけた作業員が


『どした?上がって来いよ。』


塔の上にも上がらせてくれた。
作業を見て、一緒に写真撮って(笑)


P8136516.jpg
▲ドームには足場がちゃんと付いているんです。


P8136522.jpg


タキ・バザール

”タキ”ってウズベク語で”屋根”って意味で、ブハラ市内にある丸屋根のバザールの事で5種類のタキ・バザールがあったらしいけど、現存しているのは3種類のみ。
中央アジア最大の両替所(タキ・サファラン)、キッチン用品など日用品を取り扱う(タキ・テルファクプルシャン)、36の宝石商が入っている(タキ・ザルガロン)。





マコギ・アッタリ・モスク

ここもブハラ中心部、タキ・バザールから徒歩1分、目の前にある遺跡。
ブハラ最古のモスクで諸外国からの侵略などが原因で荒廃と再建を繰り返し、遺跡の柄が三層に分かれてます。
一番下が仏教時代、真ん中がゾロアスター教、一番上がイスラム教なんやて。


P8136534.jpg


ミル・アラブ・メドレセ

イスラム神学を教える由緒正しきメドレセで、青いドーム屋根、繊細なモザイク画などイスラム美術・建築が詰まってる。
このメドレセから有名なイスラム教神学者を輩出しているエリート校で宗教を禁じていた旧ソ連政府もこのメドレセを廃止できなかったらしい。
よくわからんけどすごいってこと。


P8136543.jpg


カラーン・ミナレット

ブハラ観光をする人のほとんどが見学するらしいけど、人が多すぎておれは入っていない。
ウズベキスタンのシンボルと言っても過言ではないと言われるだけあってその高さは48mとデカい。


P8136538.jpg


P8136546.jpg


アルク城

ブハラ北西に立つお城でめちゃくちゃデカい。
もうすぐお昼ご飯で工事現場に戻る約束をしているから中には入っていない。

アンソニーと合流したときに聞いたんやけど、中に入った方がよかったって言ってた。
なんでよかったのか忘れた(笑)

でも次行くことがあったら入ろうと思う。
きっともう来ることないと思うけど(笑)


P8136551.jpg


アブドゥルアジスハーン・メドレセ

17世紀半ばに建てられブハラ市内にある建築物の中では比較的新しい。
イスラム建築と言えば、青と白の模様が印象的やけど、この建物は茶色や赤を使った暖色系の装飾というとっても珍しい遺跡。


P8136556.jpg


P8136555.jpg


P8136553.jpg


P8136554.jpg


P8136558.jpg


気温が上がって暑すぎる、、、。
道端で売ってるジュースはよく冷えていておいしかった。


P8136548.jpg
▲5,000ソム(約60円)払ったけど、写真見て払い過ぎって気づいた(笑)


ところで、マトンをホンマに食べれるんかな?
COKEなどドリンクを買って工事現場に向かうとマトンは煮込まれていた。


P8136561.jpg


P8136562.jpg


おれが来たからなのか、丁度できたのか分からんけど、現場の皆さんが食器などを準備して席についた。


P8136566.jpg


席に着いたら静かになって、親方やと思うんやけど、イスラムの祈りを唱えだした。





おれもやったよ?
見よう見まねでやったらみんな黙って見守ってくれた。

やさしい。


お肉はやわらかくてめちゃくちゃおいしかった。


P8136568.jpg


P8136567.jpg


食事を終えて、ひと息ついたらみんな雑談したり昼寝したり。
頃合いを見計らって、お礼を伝えて工事現場を後にした。

宿に帰る途中で、おもしろそうな光景がちらっと見えたので行ってみた。

家族総出でトマトケチャップを作っていた。


P8136569.jpg


P8136570.jpg



次回、”なめんなよっ!”はここをクリック。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です