取り込まれた首

前回、”ポイペトからバンコクまで”はここをクリック。

同僚と合流してからアンプハ水上マーケットへ向かいます。
観光客向けのダムヌン水上マーケットではなく、タイ人の友達が教えてくれたマーケットです。


120501 (5)


タクシーをチャーターして1.5H、目的地に到着したけど様子が変。
それもそのはず今日はタイの祝日で、マーケットに活気がない。

・・・残念でした。


120501 (17)


ちょっと散策し、そば?を食べました。

麺湯がきを自分でやってみたくて店員に頼んでやってみたのですが、気が付けば麺がザルから窯の中に全部出てしまいました。。。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


120501 (18)


これ食べたけどめちゃくちゃおいしくてお替りしました。


120501 (20)

 
つぎは、アユタヤに向かうことにしました。アユタヤまでは約2.5hです。
アユタヤの目的の場所は“ワット・プラ・マハタート”です。

アユタヤ王朝の初期にあたる14世紀後半に建てられた寺院。かつては黄金に輝いていたと言われるこの場所もビルマ軍によって崩れ落ちました。
駐車場から向かおうとするけど、珍しく方向感覚が狂いマハタートへの到着に苦労しました。


120501 (31)

 
入場料を50B払い敷地に入るとすぐにそれはありました。

石造の首が木の根に取り込まれてこちらを向いています。
ビルマ軍が石造の首を全部落として行ったときに、木の根が転がった首を守り長い年月をかけて木の成長とともに取り込んだとか、村人がビルマ軍にバレないように木の根に隠して信仰を続けたとか。

とても長い長い年月を感じます。


120501 (33)


ね!石像の首がないでしょ??


120501 (40)


そうこうしていると時間が無くなってきました。


120501 (49)


アユタヤはバンコクからの距離も遠く、しかも、今日の夜からインドに向かうので、アユタヤに長居は出来ません。
すぐにタクシーに乗ってバンコクに向かいました。
高速を走っていると道路脇に等間隔で売店のようなものが点在しているのですが、


120501 (54)


みな同じものを売っているそうです。
クレープの様な生地で綿菓子を巻いて食べる食べ物はとてもおいしくて病みつきになりました。


120501 (56)
▲ローティサーイマイっていうおやつでめちゃくちゃおいしいです!!


在シンガポールの同僚と、在タイの同僚と別れて空港に向かいました。
東南アジアのハブ空港というだけあってめちゃくちゃ広いです。

これからインドのニューデリに向かいます。


次回、”インド滞在23時間弾丸の旅”はここをクリック。





最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP