巨大戦艦でイカ釣り

久美浜の巨大戦艦、アングラーズ1。

数年ぶりにこの船に乗ることにしました。

アングラーズ1は京都の久美浜や宮津、兵庫の竹野などから出船しているジギング船の1つです。
ジギングとは、魚に模した金属(ジグ)を、海中でシャクって、ブリ、ヒラマサ、真鯛などの大型魚を狙う釣りの事です。
ジグはメタルジグとも呼ばれていて、重さは100g~300g程度が主流です。

この時期、日本海では白イカの季節なので、どの船に乗ろうかって考えて、アングラーズ1(詳しくは、ここをクリック)にしました。


イカ釣りは基本、海上に停泊して釣ります。
なので、大きな船なら揺れも抑えてくれるから、めちゃくちゃデカいこの巨大戦艦は子供や女性にも都合がいいかもしれません。

そして、この船には各席に小型の生け簀が装備されているので、帰港までイカを活かせます。

乗船当日は、雨。

大雨、、、。

出船しないかな?って心配してたんやけど、大丈夫でした。
昔と変わらず、夕方出船で、まずは真鯵釣りをして、20時頃から白イカ釣りになります。

Lサイズのオキアミを付けて釣り開始。
この日のポイントは、水深約60mで、仕掛けが着底後、底探りの釣りとなります。

しばらくすると、ぐぐぐっ!ぐぐぐっ!って当たりがっ!

本日、最初の釣果は、金魚みたいなサクラダイ(笑)
↑要りません、、、

そして、手のひらサイズの真鯛。

タイ飯にピッタリ☆
でも、要りません。

そして、待ちに待った真鯵っ!
しかも、30cmオーバーのドデカい真鯵♬


順調に釣果を伸ばすけど、雨が降ったりやんだりでストレスが溜まります、、、

周りでぽつぽつとイカが釣れ出したけど、イカ釣りの仕掛けを海に入れて、もうしばらくは鯵釣りしてました。

鯵を釣っている間に、たまぁ~にイカが乗るんです。

そんな感じで鯵とイカの二本立てで釣りを続け、鯵が20匹ほど釣れたので、イカにチェンジ。

当たりが渋く中々釣果が伸びないけど、ぽつぽつと釣り、最終で10杯釣れました。


そして、今日はある実験をするつもりでいろいろ調べて持ってきました。

”活イカを家で食べることが出来るのか?”

まず用意したのが、アウトドアで使う給水蛇口付きポリタンク、飼育用空気ポンプです。

帰港するときに海水を入れて、イカを3杯入れて、ぶくぶくON!
墨を吐かない様、丁寧に扱ってくださいね。

で、帰港してから自宅で食べるまで7時間で2杯は生きていました。

透明で透き通っています。


今後の改善点として、海水を入れたポリタンクをさらにクーラーボックスに入れて、周りを氷で軽く冷やした方がいいと思います。
どうしても、海水温度が高くなるのでイカには高ストレスになると思います。
あと、数をたくさん入れないことや、ポリタンクの大きさに合った大きさのイカにすることも有効かな?って思ったので、次回試してみようと思います。

あっ!
飼育用空気ポンプは防水がいいです!
おれのは、新品やのに海水で濡れて、壊れました。

次は、傘袋に酸素とイカを1杯づつ入れて実験してみます☆

▲真鯵でかいでしょ?

▲お造りにしたイカ。大根が原因で透き通っても白い(笑)

▲民宿を経営している仲間と♬

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP