焦り・・・

前回、“高度順応2日目“はここをクリック。


結局、夜の出発はやめた・・・というか、寝てしまった(笑)


170719 (2)


夜中、少しだけ頭痛があったけど早くも高所の影響が出始めたかな?
少し心配になってきた。。。

朝、小屋を出ると天気がいい。
いい?良すぎる??


170719 (5)


行けばよかったかなと、何度もなんどもエルブルスを見てしまう・・・


猪熊さん※のアドバイス通り、今日もゆっくり確実に高度順応しよう。
※)山の天気予報を専門に扱っている信頼ある会社の取締役。イッテQ登山部、栗城登山隊などなど有名登山隊のサポート実績がたくさん。


12時頃、支度を整えて、スノーモービルを手配。
今日は、4,800mから先、5,400m付近のサドル(日本ではコルと呼ばれている)までこの目でルートを確認しようと思います。


12時20分 パスツーコフ岩直下(4,600m)からスタート。

※)雪が締まっている季節(気温が低い季節)は、パスツーコフ岩上(4,800m)まで連れて行ってくれますが、雪が緩いとスノーボービルのタイヤが空回りして登れません。
上まで行きたいなら、Ratrak(雪上車)を手配した方がいいです。


13時00分 パスツーコフ岩上(4,800m)に到着。
標高を200m上げるのに40分、、、


170719 (6)


標高も高いし、ここからは意識してペースを落としました。

まずは休憩と順応も兼ねて、4,800mで30分ほどのんびりしました。



13時30分 5,400mのサドルを目指します。

このパスツーコフ岩上からしばらく急登が続きます。
ちょっとペースを崩すと、すぐに息も心拍数もあがりとても辛いです。


15時ごろ、深いガスが発生した為、トラバース手前(5,100m)で下山することにしました。


170719 (10)


すると、間もなく雪が降ってきました。
雹?も…(−_−;)


明後日まで天気悪いらしいけど、英語も分からん俺がロシア語で天気の話されても分からん。


170719 (11)
▲標高5,000mあたりに雪上車が埋まってる(笑)


今日の夜中にサミットプッシュする決断したのに予定が狂った・・・
これでまた予備日を1日無駄にしてしまう・・・って後悔はすぐ無くなりました(笑)


だって夕方から雹が激しく降り、雷もすぐ近くの氷河に落ちてめっちゃ怖いもん。。。


てか、小屋にいても落ち着かん・・・
なんといっても、こんな鉄の小屋に居ますからね。。。


意味なくね??(笑)


170717 (49)_R


20日朝
昨日の悪天候が嘘のような晴れ・・・(´・ω・`)


170720 (3)


170720 (7)



また判断を誤った・・・
そしてまたぼ~~~っとエルブルスを眺めている・・・





決めたっ!

今夜サミットプッシュするっ!





15時間後のアタックに向けて支度を開始した。



次回、“欧州最高峰登頂達成“はここをクリック。




最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP