あっという間に不法入国

前回”そうっすよね・・・”はここをクリック


昨日、ようやくたどり着けたコロンビアとの国境の街トゥルカン(エクアドル)。

本当にようやくって感じで、イリニサ山での登山を終え、下山してすぐ。
道端に車を停めて寝てしまった、、、目が覚めて、慌てて出発すること5時間。

トゥルカンに来るまでもいろいろあった(笑)


ガス欠寸前なのにGSがない・・・
どう計算してもトゥルカンに辿り着けない・・・

小さな町というか村でガソリンを分けてもらう為、おじさんに声をかけました。


「ガソリンを分けてほしい」

『GSは次の町にあるけど』

「そこまで持たない・・・」

『わかった。そこまで乗せてくれ』


って、おれの横に乗せて言われた通り、近くの家まで連れていきました。
もうね、ついた瞬間やばっって感じがしました(笑)

その家からクラブ的な音楽が大音量で漏れ聞こえてくるんですっ!
おじさんはその家に入っていきました。
で、おじさんと一緒にぞろぞろとたくさんの若者が出てきました。

近くに停めている車にホースを突っ込んで吸い込んで容器に移して、その容器から俺の車にガソリンを入れてくれました。
ぼられるかな?って思ったけど、2Lくらいの量を5US$と良心的でした。

でも作業中、おれは若者たちの相手です・・・
1人の女の子が、翻訳を見せてくるんです。
内容は、『あなたがほしい♡』って。
今日じゃなければ(笑)と、思ったのですが、先を急ぐので勘違いしたふりをして


「OK。」


と言って、写真を一緒に撮ってごまかしました(笑)

その後も、先を急ぎすぎた為、サークル交差点で事故りかけて警察に捕まったり、スピード違反カメラで撮られたり、やっとの思いでトゥルカンに到着。




さて、
自分の運転で国境を越えたいという欲望を秘め、ホテルの受付で国境がオープンする時間を聞くと、


『あなたは何で行くの?バス?タクシー?』

「自分の車」

『それはムリよ!%$#%&&’&』

「なんで?車はダメ?」

『クルマはOKなの。でも、&%#$””%&。タクシーにしなさい。』
『コロンビアはペソだから両替しておきましょう♪』



coron (2)


ま、国境まで3.5US$(400円)と安いし、何かあるんやろってことで、言うとおり手配されたタクシーで国境へ。

ホテルから国境は約5分~10分くらいの距離です。
ところが、明らかに国境手前から渋滞が・・・。


coron (3)


そうなんです。
おれがもう一度エクアドルに戻って、カヤンベの街に行くことを、話していたから『時間が無くなるわよ』ってことだったんです。

というのも、一般車は並ばないとダメなんですが、タクシーは専用レーンがあってスイスイ♪
ここを通っている一般車は、警察に一般レーンに戻されていました。


coron (4)


国境のイミグレ前で乗ってきたタクシーが停まり、運転手は周りの人たちと会話。
そして、別のタクシーに乗せられました。

言われるまま乗ったのですが、地図を見ると明らかにコロンビアの中を走っています。


coron (5)


「イミグレはっ???」


運転手に聞くと


『そんなの問題ない。ラス・ラハスはすぐそこだ』

「そんな問題ちゃうやろ??違法やから戻ってくれ!」


大丈夫かな??って思ったけど、出入国スタンプもほしいし戻って手続き。


coron (6)
▲コロンビアからエクアドルに戻っているところ(笑)
 この橋がルミチャカ国際橋です。


coron (8)
▲エクアドルのイミグレ


coron (9)
▲エクアドルからコロンビアへ国境を越えているところ


coron (7)
▲この深い谷が国境となっているようです


coron (10)
▲コロンビアのイミグレ、出入国カードはありません


無事コロンビア入国を果たしたんですが・・・。

さっき待たせていたタクシーが居ない・・・。
20,000ペソ(約1,100円)損した・・・。

仕方なく乗り合いバス(コレクティーボって書いています)でコロンビア側の国境の街イピアレスに向かいました。
料金は1,800コロンビアペソ(約100円)、10分ほどでイピアレスの中心街に着きます。

そこでラス・ラハス行きの乗り合いタクシーで1.5US$(約200円)、約5分ほどで着きました。


coron (11)


乗り合いは客が集まらないと出発しないので、一緒に乗ってきた客と一緒に帰るため、1時間後に待ち合わせをして解散。




次回”世界一うつくしい教会”はここをクリック


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP