ノボシビルスク観光

前回、”意外と近いウラジオストク”はここをクリック。


ウラジオストクから6時間、9時にノボシビスクに到着。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ac.jpg


気温は17度と快適です。


がっ!


この空港、カートがありません。
総重量60Kgのバック3個を運ぶのとても大変でした。

航空券を買った後にフライト変更が発生して、ノボシビスクで24時間のトランジット。
ってことで、観光前に宿の手配。

ところが空港目の前の”Sky Port Hotel”がまさかの満室。


油断した、、、


で、見つけたのが空港から約1kmのところにあるアパートメント。
宿情報はノボシビスク記事の最後に書きますね。

送迎付きだったので選んだんですが、送迎は200P(約400円)。
ま、朝っぱらからチェックインさせてくれたので助かりました。

さて、まずはノボシビスクの中心街、ノボシビルスク駅に行ってみようと思います。
外国で難易度の高い移動手段がバスだと思うのですが、時間はたくさんあるのでタクシーではなくバスで!


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b3.jpg


見慣れないキリク文字がさらに難易度を上げます(笑)
近くを通りかかった人に行き方を聞いたら、メモってくれた。

もはや暗号(笑)


IMG_0071.jpg


IMG_0070.jpg


でもこれをわかる俺ってすごくないですか?

一応なにが言いたいのか分かったのでバス停で待っていたのですが、間違えて”112”のバスに乗ってしまった、、、

どの国でもそうですが、乗客の皆さんが寄ってたかって俺に色々教えてくれます☆
降りるバス停まで教えてくれます。

本当にありがたい。

ここから地下鉄でノボシビスク駅まで向かうのですが、地図を見ると興味のあった”トリック館”が途中にあります。

ってことで、早速トリック館へGO!

トリック館は値段も安いです。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1c0.jpg


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1c3.jpg
▲この棒が両サイドに触れないように動かさないと電気が流れます。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1c4.jpg
▲相手の一部がモンタージュ的に入れ替わる鏡(笑)


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1d3.jpg


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1d8.jpg
▲身長が変わる部屋


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1de.jpg
▲長い迷路を通らないと出られません。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1d6.jpg
▲体が消える玉?(笑)


その後、ノボシビスク駅へ。


それよりも地下鉄の乗り方、、、(笑)

見よう見まねでお金を入れたら、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e1.jpg
▲定額22P(約35円)


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e2.jpg
▲トークンが出てこなくて大慌てっ。


そしたらトークン混ざってた(笑)


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e3.jpg
▲紛らわしい(笑)


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1e4.jpg
▲後はどこの国でも同じような感じ♪


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ea.jpg
▲駅前には何かあるかな?ってことで行ってみたのですが、特に何も楽しい事件も起こりませんでした(笑)


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1eb.jpg
▲パプリコット美味しい


次回、”41ヶ国目キルギス入り”はここをクリック。
※かたやんの山ログ、海ログに飛びます。



,,,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です