神秘の遺跡群とポルポトの傷跡

前回、”上海で道草”はここをクリック。


現地で合流した同僚とタケオゲストハウスで友達になったけんたろの3人で迎えた観光初日。
朝、5時にアンコールワットの日の出を見に行きました。

アンコールワットの中に入っていきなりカンボジアの洗礼?を受けました。
線香を渡されて石造にお参りをさせられたら、チップを供えろと言うのです。
で、上海に寄った時の1元(15円)硬貨を供えました。

人の流れに続いて進んでいって、恒例の写真ポイントで逆さワットを撮り、日の出を待ちました。
これは生涯で一回は見た方がいい。
遺跡の雰囲気と重なってタイムスリップしたようで、とても幻想的な瞬間でした。


120428 (25)


ドライバーが迎えにくるまで、十分過ぎるくらいの時間があるんで遺跡で瞑想に耽ったり、


120428 (43)


アンコールワットを散策したり、マンゴーを食べて時間を潰し、


120428 (57)


120428 (72)


120428 (61)


アンコールトムへ。
ここは軽く写真だけ撮って、朝ごはんを食べに行きました。
食べたのはチキンとバジルで炒めた焼き飯でめちゃくちゃうまかった!


120428 (81)


120428 (85)


アンコールワットを回っているときにデジカメの充電がやばくなっていたので、この店でデジカメの充電を行ってからバイヨンという遺跡を回りました。


120428 (93)


120428 (99)


ここは遺跡を間近で見ることができるのでよかったです。
彫刻も細かくてすばらしい!


120428 (94)


それから、タケウ遺跡と、タ・プローム遺跡へ行きます。
タケウ遺跡ではNO entryと書かれていた階段がありましたが、どうしても天辺まで行って景色が見たかったので、急な階段を猛ダッシュで蹴上がりました。


120428 (110)
▲どこにいるでしょぉ~か?


タ・プローム遺跡はアンジョリーナの出演しているトゥームレーダーのオープニングで舞台となったところです。
木々が遺跡を飲み込んでいく様には生命の力強さを感じます。


120428 (123)


観光客が多いけど、ここはとてもよかったです。


120428 (127)


120428 (136)


気が付けば時間は12時。いよいよ本日最後の遺跡ベン・メリアに行きます。
ベンは“プールや堀”のことで、メリアは“花”のことです。
片道1時間ちょっとの移動です。

さすがに昨日からろくに寝ていないので、車の中で爆睡です。
気が付いたら着いてました。
遺跡入口で昼食を食べた後、遺跡に向かいます。


120428 (142)


ここは、タ・プロームと同じく木々が遺跡を飲み込んでいるのですが、タ・プロームよりも手が付けられていないことで有名。

まるでラピュタの舞台です。
なので、ラピュタのサントラを聞きながら遺跡を回ってみました。
旧約聖書ラーマヤーナも関係しているそうです。


120428 (145)


120428 (151)


120428 (156)


遺跡巡り途中から現地警察が声をかけてきたのでガイドとして雇い、さらに遺跡を隅々まで回りました。

※警察だと思っていたら、警察の服を着て観光客を安心させてガイドさせると言う『僕、警察だから安心してガイドさせてね』詐欺でした(笑)


120428 (174)


120428 (180)


木々による遺跡破壊と、ポルポトの地雷による遺跡破壊で、


120428 (160)


崩れている遺跡はすごく長い長い年月を感じさせます。


120428 (179)


ポルポトは言わなくてもいいと思いますが、気になったらググってください。
とてもひどい奴です。

2時間くらい回って本日の観光は終わりです。


120428 (190)


いよいよ明日は長年の夢だった世界遺産プリア・ヴィヘアに行きます。

夕方、宿で明日向かう“プリア・ヴィヘア”へのシェアメンバーを探します。
そしたら、出身も、年齢のバラバラの仲間が6人も集まりました。
これで、総勢8人の連合軍結成です。
そこで、連合軍結成を祝して全員で夕食を食べにナイトマーケットに行きました。


120428 (199)


移動手段のトゥクトゥク3人乗りに7人乗車はひどい有様です。(ドラクエの馬車状態です)ψ(`∇´)ψ

簡単な自己紹介や雑談を得てあっという間に意気投合し、夜のディスコへ行きました。


120428 (201)


ここはZONE ONEと言う店で1人5$で飲み放題で女の子付きです。
大人の遊びで連れ出すなら更に65$ですが何でもしてくれるそうです!

夜中まで遊んで、結局この日も就寝時間が3時でした。


次回、”プリアヴィヘアは誰(国)のもの?”はここをクリック。






最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP