LOWAの登山靴

LOWAの靴は全部で4種類所有しています。

★メインで履いている”チェベダーレプロ GT”


アルパインルートだけではなく、様々な地形を踏破するためのモデルです。フレキシブルな足首周りと歩行時の安定性を重視し、かつ高いフィット感を継続的に保つためC4-タングやX-レーシング機構などを取り入れました。つま先部のフリクション性を高めるクライミングゾーンを設けたソールは、かかとのコバを持ち、セミワンタッチクランポンの装着に対応します。


★アイスクライミングで使用する”アルパイン アイス GT”




保温材としてゴアテックス インシュレーテッドコンフォートを採用した保温性に優れたゲイター付きブーツです。アブソーバーを内蔵した特別設計のシャンクを採用し、ソールの厚みを抑えることで高い歩行性能を実現すると共に軽量なことからクライミング時の足の取り回しの負担も軽減します。


★厳冬期も対応する”アルパイン エクスパート GT”






厳冬期の雪山に対応するべくLOWAの機能が凝縮されたレザーブーツです。Gore-TexとPrimaloft®400を組み合わせることで圧倒的な保温性を実現しています。また、特別設計のシャンクを採用し、ソール部分の厚みを抑えることで軽量化を図り、LOWAの冬靴の中では最も軽量なモデルに仕上がっています。


★海外遠征、8,000m峰でも対応する”エクスペディション8000 EVO RD”


LOWA PRO Teamのラルフ・ドゥイモヴィッツ氏の名が製品名の最後につくこのブーツは、同氏の数々の経験を生かした8000m級の高所や極地へのエクスペディション(遠征)用モデルです。ゴアテックスファブリックをラミネートしたゲイターを採用し、リムーバブルブーツには、ゴアテックスインシュレーテッドに加え、さらにPrimaloftを挿入し抜群の暖かさを提供します。
7,000m峰ではオーバースペックで暑すぎるくらいでした。


靴は千差万別なのでいろいろ履きたいところですが、値段が高いのでそんなことはできません。
興味が沸いたらお店で試してみてください。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP