まさかの大噴火っ!!

前回、”登山技術と高度順応”はここをクリック。


登山を予定していた山の1つ、コトパクシ山が8月15日、140年ぶりに噴火しました。
紹介した通り、この山はエクアドルNo.2であり、世界最高峰の活火山です。
その噴煙を上空2,000mに吹上げたそうです。

cotpaxi.jpg
▲この画像はネットから使用させていただいています。

13b28e8c59c0e13a30d0f2fbcb9ef46f.jpg
▲この画像はネットから使用させていただいています。


エクアドル一帯は、火山アベニューと言われているくらい火山の多い国なので、今回の噴火が山に影響していないか調べました。

そしたら案の定、入山できなくなりました。
コトパクシ山が登れないのであれば、No.4のアンティサナ山(5,704m)って簡単に考えていたのですが、この山は他の山から隠れるように存在しアプローチだけで1泊必要です。
日程から考えると、この山は行けない。

で、悩んだ末に決定したのが、イリニサ・ノルテ(5,126m)とイリニサ・スル(5,248m)。

このイリニサ山は、隣り合った山で標高も大差ないのにノルテは岩峰、スルは雪山という変わった山です。

当初の予定から変更としたけど、これで決定です。


次回、”素敵な出会い!!”はここをクリック。



最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP