運が向いてる!

前回”エクアドル入国!!”はここをクリック


入国時からの小さなトラブルや登山口までの道も分からず、予定より3時間遅れの12時にイリニサ山の麓に到着しました。
ちょうど下山してきたガイド付きの登山者が居たいので状況を聞いてみると

『イリニサ・スル(氷河のある方)は雪が緩いので登るのはだめだ。でも、ノルテ(岩峰の方)は登れるぞ。』

「ソロで登りたいんやけど、いい?」

『ソロ?大丈夫か?ま、いいわ。行っておいで。』

雪山がダメってことは、アイゼンやピッケルなどは必要ないので車に置いて行くことにしました。


151224 (26)


151224 (31)
▲一瞬だけ姿を見せたイリニサ・ノルテ


登り始めて2時間ほど経った頃、後ろからすごい速さで登ってくる2人が!!

『おまえ一人か?どっちに登るねん?』

「ノルテ。スルはダメって。」

『おれらスルに登るぞ。一緒に登るか?』

「登りたい!でも、アイゼンもピッケルも車に置いてきた。」
「今から取りに戻る!」



荷物を選別していると、


『山小屋を使っていいからテントもマットも置いてこい』


151224 (36)
▲左がニャト、右がエド


聞くところによると、ニャトはコトパクシ山の認定ガイドでワッペン付けてました。
登山スピードや、登山装備のボロボロ感が”猛者”オーラマックスでした。

ところが、車までの往復と時差ボケからくる眠気が影響したのかペースが上がりません。
でも、この眠気は実は高度障害だったんです、、、

さらに山小屋手前では、砂の急登が続き、1歩進んだら3歩下がるってときも・・・。


151224 (34)
▲このアイゼンのために、、、(笑)


小屋に着いたのは21時でした・・・。


『遅いやん』

「頭痛い・・・」

『高度障害やな』

「日本出て60時間。今日の朝キトに着いてここに来た」

『あなたばかなの??』



雪が緩くて諦めた山に登れるチャンス!!
さっさと寝て翌3時に起きないと!


イリニサ山にはゲートコントロールはありません。
山小屋も勝手に使えます。
でも小屋番が居たら15US$(自分の寝袋使用)必要です。


次回”そうすよね・・・”はここをクリック



最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP