厳冬期阿弥陀岳南稜

仲間に誘われて、八ヶ岳に行ってきました!
関西からやと、公共交通機関の便が悪いので一人で行くときも車で行きます。
これやと、往復約3万円、、、更に、片道6時間運転してそのまま登って、、、ってなるので大変です!
かと言って、高速バスを使うと到着場所から登山口までの移動が大変やし、その分登山開始時間が遅くなるし、下山時間に縛りが出るしいろんなことが大変、、、。

でも、今回は仲間が茅野駅でピックしてくれるので高速バス利用です。
高速バスやと、関西から茅野市まで約5,000円(片道)!!

やばっ!

安過ぎです!
障がい者割で購入すると、約2,500円(片道)♬
誘ってくれるし、迎えに来てくれて交通費は安く済むし、仲間に感謝しないと!


さて、阿弥陀岳南稜のスタート地点となる舟山十字路駐車場に集合して支度を開始。
スノーバーに無線、ビーコン、ゾンデ棒、スコップなど要らないから車に置いていくって、、、

おいっ!

関西から持ってくる為に、結構嵩張ったんやぞっ!って思ったけど、いい!
気心知れた仲間と楽しめるってだけで、なんでも楽しい☆


駐車場から標識通り進んでいきます。
30分くらいかな?車道を逸れて樹林帯の中に入っていきます。
前日は雪が降ったんやけど、薄っすらとトレースが残っているので特に難しくなかった。
でも、尾根上までの急登はセミダブルの靴やと歩きにくかったです。


尾根に上がるころ少しずつ明るくなってきました。

休憩していても楽しい、登りながら話していても楽しい、普段は無口なおれもついつい話し込んでしまいます(笑)

んっ??(笑)


今日はとてもいい天気で無風。
北アルプスは白馬から穂高連峰、乗鞍、御嶽が一望。
大キレットもはっきりとわかります。


青ナギに着くと阿弥陀岳がよく見えて、かっこよかったけど、先は長いな、、、って思った。

▲先は長いなって話しているところ

▲青ナギを過ぎたくらいから徐々に雪が深くなってきました。

▲この先の所要時間を考えると、予定に間に合わない仲間が下山を決意。


ここからは3人で阿弥陀岳山頂を目指します。

▲振り返ると富士山がよく見えました。



いよいよ核心が見えてきました。



トラバースして下れば、


P3ルンゼ取り付きです。

▲雪が深い、、、


ルンゼを覗いた仲間が、『雪深いから雪崩るよ。気をつけて行こう!』って。

▲写真やと傾斜が伝わらないけど、腰から垂れている紐を見たら急なのがわかるやろ?

▲前日降った雪の表層が見える、、、(笑)


ルンゼを登り出してすぐに仲間が『かたやん!雪崩!!』って言われて慌ててルンゼ端にアックス打って耐えたけど、全層やもっと規模の大きな雪崩やったらやられてた、、、

その後、『ルンゼあぶねぇ〜な』って左側壁を直登するルートを選んだ仲間(笑)

▲ルンゼを逸れてここから左側面を登ります。

▲斜度が伝わらない、、、。


高度感あるし、先行の仲間が落雪を誘発するから緊張感半端ない、、、。


▲あと少しで登り切ります。

あと、5mほどで登りきるってところで

『かたやん、やっぱ危ないからロープ出すわ!』って。

この核心を抜けると、以降に難しいところはないです。

▲天気が良くて、常に富士山が見えました。

▲山頂直下です。


▲到着〜♫

▲向こうに見えるのは赤岳。

▲カイロを貼って温めてた(笑)

▲行動食のノリ弁。本当はお稲荷さんの方が好き。

▲山頂は少し風が強かったです。


仲間が意地になってラッセルしてくれたので楽できました。
P3ルンゼでは、程よい緊張感が続いて今日一番楽しかった。



最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP