低酸素室トレーニング

前回、”すべて揃った!” はここをクリック。


代々木にあるミウラドルフィンズに来ました。
冒険家三浦雄一郎さんのジムで出国前に高度順応に適した身体を作るジムです。
今日は三浦さんもジムに顔を出していました。

このジムは、常圧の部屋から酸素のみを抜いていき、擬似的に6,000mの環境を作り出しています。


sanso.jpg
▲酸素濃度は地上の半分です。


まずはウォーキングです。時速3kmで3時間歩き続けました。

この時の血中酸素濃度は50%~60%台。


56.jpg


その後、部屋の中で食事をして、さらに運動を続けるのですが血中酸素濃度が下がりすぎて倒れそうだったので部屋の外に出ました。


いやぁ~過酷です。


しかし、有名な登山家、栗木さんはこの部屋の中で走ってますからね。
負けてられません。食事も部屋の中です。


bento.jpg
▲食事のために、下を向くだけで息切れします。


そして、最後の1時間は睡眠トレーニングです。

睡眠なんかトレーニングちゃうやん!って思うでしょ??

そう思った人はダメです。

睡眠中は呼吸が浅くなるので高所設定での睡眠を体感するこのトレーニングはとても重要なのです。

suimin.jpg
▲呼吸が浅くなると苦しくて目が覚めるのですが、ほぼ1時間しっかり寝ることができました。


低酸素室トレーニングも今日で終わりです。
悔いが残らないよう挑戦してきます。


次回、“アコンカグアに向けて!“はここをクリック。


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP