サミットプッシュに向けて(26日、27日)

前回、ポーランド氷河は、ここをクリック。


今日(26日)は天候の悪化が予想されるので、ギアのチェックやら充電、パッキングのチェックに時間を使おうって思う。

171226 (1)
▲水を作ったり、充電したり。テントの前に置いている白いのは雪袋と言って雪を入れた袋です。水を作る都度、雪を取りに行く手間がなくなります。


大したことを行っていないのに、高所では動きが遅いこともあり、あっという間に1日が終わってしまった。



27日、ヤマテンの猪熊さんと話した。
『明日(28日)、明後日(29日)は高気圧に覆われ、山頂を狙うには申し分ない。』

『ただし、30日以降天気が悪くなる。』


今日(27日)の予定では、荷揚げを行い、C2に戻り、明日(28日)残りの荷物を持ってC3上がり、翌日(29日)をサミットプッシュって計画で考えていたけど、プッシュ日には余裕がほしいので、予定を変える必要がある。

ってことで、今日、全ての荷物(25Kg)を一気にC3に上げ、すぐに寝て、深夜0時にサミットプッシュ開始。

身体的にも行程的にもかなり厳しくなるけどやるしかない!

とうとうここまで来ることができた。
おれがこんな挑戦するなんて夢のまた夢のまた夢のまた夢の・・・というか、想像すらしなかった。

南北8,500kmにも及ぶ大山脈の最高峰アコンカグア。
標高7,000mの山は俺にどんな景色を見せてくれるのか。

興奮する気持ちを抑えつつ眠った・・・。



次回、蘇る恐怖・・・ポーランド氷河ルート敗退は、ここをクリック。



最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP