交通事情と観光

前回、”大したことない。。。”はここをクリック。


念願のスキューバダイビングも無事終えて観光開始。

モーリシャスのバスはめちゃくちゃ不便です。
いろいろ調べたら路線ごとにバス会社があるくらいバス会社が多くて乗継ぎも大変なんです。
そんな理由からレンタカーを借りたんやけど、



大きな地図で見る
▲スイヤックの宿からポートルイスまでバスで行くと2時間半以上掛かるそうです。
スイヤック・・・  宿があるところ。
ル・モーン・・・  ダイビングをしたかったところ。
フリック・・・    ダイビングできたところ。
ポートルイス・・・ 観光したところ。




ダイビングショップを探しながらル・モーンからフリック・アン・フラックまで北上しました。
こんなことバスではできないからね!

交通事情はそれほど難しくないです。
イギリス統治時代の名残で左側走行、右ハンドルが主流で標識や看板も難しくないです。

首都のポートルイスで思ったのは、パーキングが少ないこととクルマが多いので慣れない渋滞が苦手な人はやめといた方がいいと思います。

中途半端流れている渋滞でも問題なく車線変更や合流ができる人なら余裕だと思います。
交差点がロータリー交差点なのでスムーズIN&OUTが基本です。

あと、小さな村や町は道が細いので特に注意が必要です。
この道どういった道に見えますか?


141104 (51)


なんと、これB国道なんです。
間違いなくおれんちの前の路地って言っても通じるような道が国道です。

でも、普通に運転できるなら気負いすることなく乗ればいいと思います。
好きなとこで停まって写真撮ったりできますからね。
約3日間保険込みで3万円とちょっと割高ですがおススメです。



ダイビングしたフリックから首都ポートルイスまできました。
さすが首都だけあって賑やかで高いビルも数棟あり想像していたよりも発展していました。


141103 (58)


曇ってきて天気が悪くなってきました。
ついでにおみやげを買ったんですが、小さな町のスーパーマーケットで買った方がいいです!
値段も3分の1でした。
いつもならそうしているのに何でここで買ったんやろ・・・。


141103 (62)


ポートルイスにも世界遺産があります。
”アプラヴァシ・ガード”っと言って、イギリス政府がアフリカ人の奴隷の代わりとしてインド人を移住させました。その検疫所跡がこの世界遺産です。


141103 (63)


観光的に魅力はないけど、モーリシャスの歴史を語る上で重要な場所らしい。


141103 (64)


次に向かったのはポートルイスから南下すること50km、約1時間の場所Chamarelにある七色の大地

ここは私有地らしく入場料が200Rs(700円)必要です。


園内には、落差100mのシャマレルの滝もあります。


141103 (67)


これが七色の大地。


141103 (73)


・・・・ん~~??


141103 (80)


モーリシャスきっての観光スポット。シャマレル火山から噴き出した様々な鉱物が大気との接触によって変化してできた7色の大地は、絵の具を混ぜたようなグラデーションを見せる。このようにきっちり色が別れているのは世界的に見ても珍しい!!

らしいのに・・・いまいち感動がありません。
それよりもくそでかいカメ!!

こっちの方が気になる。


141103 (76)


午後からくもりで風も出てきた・・・。


141103 (87)


141103 (89)


明日の天気が心配です。


次回、”待っているモノ”はここをクリック。






最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP