バリエーションルート槍ヶ岳西稜

前回、”おれの原点 槍ヶ岳”は、ここをクリック。

次は、槍ヶ岳西稜登攀のご依頼です。

荷物をデポした場所まで戻ります。

登りルートで最初のハシゴがある場所。ここが、子槍取り付きに下る場所です。

ここ見てもわかると思いますが、ガレ場です。
ちょっとしたきっかけですぐに岩が落ちていきます。

距離を開けて下った方がいいと思います。

槍ヶ岳山荘のヘリポートからバンドをトラバースしても子槍のコルに行けます。

ハーネスなど準備を整え登攀開始。

こんな感じで登っていきます。

まずは、子槍2P(2ピッチ)です。
カンテを登って、中程でピッチを切り、2Pで子槍山頂です。

グレードはⅣ級と言われているけど、体感はⅢ級かな?
特に難しく感じませんでした。

これから目指す大槍

北鎌尾根を見下ろす

子槍は、あの有名な”アルプス一万尺”の歌詞で出てくるあの子槍です。
いろんな記事で、子槍の山頂は狭いって書いてある。
確かに狭いけど、狭い狭いと言うほどでもなかった。

また、子槍山頂で”アルプス一万尺”を踊るのが、習わしみたいやけど、ちょっとサムいのでパス(笑)
時間も遅いので、懸垂下降でサクッと下山。

山頂からは基部まで、50mロープで余裕でした。

次回、”登攀中に地震発生!”はここをクリック。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP