生きてこそ

それは過去イチ過酷な登山と言っても過言ではない。

21日土曜日、天気予報では22日は強風(風速19m)の快晴、23日は無風の曇り。
24日以降は雪の曇り。

アイスランドに入国してから荷物の未着、極北のアイスランドでまさかの大雨と、5日ほど時間を無駄にことで逸る気持ちで入山を決意した。

9時過ぎ駐車場を出発。

今日は”行けるところまで行く”だけなので、汗を掻かないようのんびりしたペース。

順調に標高を上げる。
途中、この山は”簡単”そう思っていた。

ケルン

ここ風弱いな。この記憶が後で功を奏す。

標高を上げるとホワイトアウトする時間が長くなった。
のっぺりとした稜線で方向がわからなくなる。

技術的には難しくないけど、登山の感性を問われる様な登山が続いた。

標高1,000m付近、時刻は13時頃、歩き出して4時間。
今が風のピークと思いつつ、どうも様子がおかしい。

予定時刻よりも早いテント設営を考えたけど、その頃には爆風。
テントを張る場所どころか、そもそも設営できるのか?って状況。

みゆきちゃんにテントを押さえてもらい、設営を進める。
凍った地面にアイススクリューを打ち込み支点をとる。
爆風を受け流す為、内張は敢えてポールに一点止め。
外張りを被せるのも一苦労。
※こんな時こそシングルウォールがお勧めやけど、昨年の明神岳で破損し修理中で、やむ無くWウォールテント。

みゆきちゃんを入室させ俺はさらにピッケルや、アイススクリューを打ち込み、その支点にザイルを網の目に張りテントを押さえた。

テントの中に入ると天国でホッと一息。
したのも束の間、雪が壁を押してきてどんどん狭くなる。

さすがにおかしいな?と思い外に出るとすでに3/4が埋まっていた。
これはマズいと思い、雪をかく。
掻いて掻いて掻きまくる。

明らかに予報が悪い方向へ外れている。
テントの中でどうしようか?って思案していると、”バキっ!”とポールが1本折れた。

さらに壁の圧力が増してきて、”ビリっ!”と、外張りが破れた。

外に出ても中にいても死ぬ。

様子をみる為、外に出ようとするが出られない。
吹き流しの絞りを見つけて開けると雪が流れ込んできた。

外に出て唖然とした。

テントが埋まっていた。

先ほど雪かきを終えて、テントに入ってまだ20分程。
たった数分で生死を分ける最悪の状態。
みゆきちゃんに身支度を指示して、雪かきを開始した。

テントの横付近に置いたギアはどこにあるかわからない。
テントを押さえた張り綱を頼りに、ザイルを伝いながら雪を掻きギヤも探す。ひたすら掻く。

身支度を整え、ザックを引き出す。

テントを掘り出す為、雪を掻いても、そのすぐ後からどんどん埋まる。
一刻を争う状況。

ギアを回収しながら、破れたテントを見て、”テントは捨てて行こうか”ってよぎった。

けど、このテントは2015年、TAKA10projectが始まった時から使い込んだテント。
愛着があって手放せなかった。

外張りを回収し、ポールを外す時ヤバいなって思った。
ポールが折れるだけでなく、S時に曲がっている(笑)

宿で撮影。こんな曲がり方ある?(笑)

テントもギヤも全て回収できた。

下山方向から吹きつける烈風。
逆らって下山を開始したが2人とも無我夢中。

爆風で煽られた時にザックのサイドにつけていたテントポールが抜け落ちて滑って行った。
拾うことは出来たけど見捨てた。

GPSが機能していたので方向を修正しながら下山を続けた。

ふと気づくと登山中に「ここ風弱いな。」って話した岩陰まで降りてきていた。

やっと一息つけた。

行動時間13時間、無事下山完了。

レンタカーを借りる時、「アイスランドはとても風が強いから、ドアを開ける時に気をつけないと風に煽られドアが壊れる」って言われた。
強風の時はレンタカー会社からメールも来る。

下山後、ふとスマホを確認すると入山した後くらいにメール連絡が届いていた。

「今日は風速30〜90mと風が強いので、気をつけて運転してね。Have a nice day!」って(笑)

因みに、機器で計測した記録では860〜900hPa

おれら大型台風の中心にいたんやん(笑)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP