遅れを取り戻せ!

前回、行程遅れ・・・は、ここをクリック。


朝、SPO2:80%、心拍数:88と絶好調。
これって、日本でいうと、富士山山頂とかのレベル☆

天気も快晴!!

ただ、寒い・・・寒すぎる・・・。

ご飯を作るのもめんどくさい・・・。

171224 (2)
▲吊り下げ式なので、強風でテントが揺れてもごはんが作れます。


朝日を待ちわびて、陽が当たって温もったテントに頬すりしてしまう。

171224 (4)
▲早く陽が当たらないかな・・・って待っています。


さて、昨日の遅れを取り戻さないと。
C1からC2へ2往復する日。

つまり、7時間行動の日・・・。

いやだっ・・・

考えただけで疲れる・・・けど、仕方ない・・・

C1から見えている目の前の長いトラバースを歩く。
傾斜は緩いので、ペースを乱さなければ、どうってことないトラバース。

その後、縦方向にジグザグに登り、C1を出て3時間、遥か先にC2が見えてくる。


171224 (10)

標高は5,380m。

171224 (11)



いい場所があったので、ここにテントを張ろうっ!!

171224 (14)


荷揚げした荷物を置いて、場所を確保してから、C1へと下る。
残りの荷物を取りに行くために。

これで往復7時間。

よくやった、おれ!

早くテントを張って休みたい。
高所では何をするのも疲れる。


171224 (1)
▲完璧!♪


さて、テントに荷物を入れて・・・って、翌日以降の工程や、荷揚げ計画を見直して考えていると、外から聞こえた。


『おい、そこあかん!ヘリポートやっ!』って。


せっかく見つけた場所は、まさかのヘリポート・・・。
正確には、ヘリポートに近すぎるってことでダメだと。



「それなら最初に言えよっ!」



テント建て出したの見ていたくせにタチが悪い・・・。

テント張って、ばらして、移動して、テント張って、1時間半。
高所は何をやっても時間が掛かる・・・。


ここC2からサミットプッシュする隊もいる。
理由は、C3のキャンプコレラは標高6,000mを越えているので、寝られないとか、体力を消耗するとか、高山病を発症するリスクが高いから等など言っていた。

でも、おれは予定通りC3に荷揚げし、少しでも山頂に近づいておいたほうがいいって思う。



次回、ポーランド氷河ルート試登は、ここをクリック。


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP