95:久住山(elev.1,787m)

「九州には、霧島、阿蘇、雲仙などの噂の高い山があるせいか、その最高峰は見逃されがちのようである。九州本島で一番高いのは九重山。九重山は山群の総称であってその主峰は久住山。同じ発音を持つ九重と久住が、そんな分け前に落ち着くまでに、長い間山名の争奪戦があったそうである。(日本百名山:深田久弥)」

九州100名山最後の山は九重山。
この地域は九州ではイメージできないくらいの豪雪地域。

暗いうちから登りだし、

150102 (3)

段々辺りが明るくなってきました。

150102 (6)

登ること1時間。

強風で体温が奪われ心が折れそうです。
見上げても本丸が見えません。

150102 (12)

ラッセルで進むことで体力も奪われ、コースタイムも想像つかない。

150102 (13)

”もう引き返そうか?”と、相談していたんやけど、ちょうど登ってきた地元の方に聞いたら、

「あと1時間~1時間半くらいで行けるよ」とのことなので付いて登らせてもらうことに。

樹氷もきれいです。

150102 (14)

150102 (21)

150102 (22)

雪深いラッセルで体力を奪われ、気温−10度、強風体感−18度で体温を奪われ・・・。

本丸を拝むことなく心折れ諦めかけたけど、地元の方たちのおかげで無事登頂成功っ。

150102 (25)

どうせなら最高峰の中岳まで行きたかったけど、視界不良と強風で断念。

150102 (33)

下山途中で集合写真を撮りました。

150102 (36)

遊びながら下山。

150102 (40)

150102 (44)

往復5時間半で下山完了。

150102 (46)

九州100名山踏破達成っ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です