ハチ高原を焼いちゃった

【山焼き】って知ってる?


草原を焼く【野焼き】はよく聞くけど、ハチ高原では雪溶け後のスキー場に、火を放ち、山を焼きます。

いつもお世話になってる地域のお手伝いで参加したんやけど、熱いし、背負っている水は重たいし、延焼させない様に走り回るし、とにかく大変。

でも、こういう整備のおかげでたくさんの方々が楽しめる場所が出来てるって改めて知りました。

ホンマ感謝です。

▲ハチ高原は氷ノ山のお向かいです。

▲この枝、めっちゃ使いにくい、、、

▲火力が強すぎて、上昇気流が発生すると火柱が立ち上がります。

▲焼け野原

▲上から下に向かって燃やすと、ゆっくり燃え広がるそうです。

▲燃えた後はこんな感じ。
▲枝先で消せない場合は、背負っている水で延焼を止めます。


▲熊手で火のついた藁を掻いて行けば、掻いた後が燃えていきます。


▲激しい炎の上昇気流が竜巻を発生させます。

山を1〜2つ?焼いて終了です。
これほどの大規模な山焼きは珍しいと思います。

来年もお手伝いに行きたいな。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

    • うみ
    • 2020.05.06

    本当に山を焼いてて…すごい、圧巻&動画が楽しかったです!
    山焼きをすると、草木の再生とか害虫駆除の効果があるんですね(今調べました汗)
    なんにしても、メンテナンスって大事だと思いました(*´з`)
    また、動画を見たいです。

      • TAKANOBU KATAYAMA
      • 2020.05.07

      コメントありがとうございます。

      今年(2019-2020)の冬は、暖冬の影響でスキー場や、近隣の民宿で利用者が少なく経済的に大打撃を受けました。
      しかし、そういった状況でも、変わらず山を整備してくれている方々が居られるのは、本当にありがたいことです。

      初めて手伝ったのですが、喜んでいただけたので、手伝った甲斐がありました。

    • うみ
    • 2020.05.08

    本当ですね。
    暖冬からのコロナの影響で、観光業は特に大変だと思います。
    でも、今例年と同じように手入れしたことが、次のシーズンに繋がってると思うし、このブログで少しでも多くの人に伝わったらいいなと思いました!

カテゴリー

PAGE TOP