これが大自然!知床岬!

前回、”ひぐまの痕跡!廃墟の番屋!マジ怖いんですけど!”はここをクリック。


翌朝と言っても、寝たのはたったの2時間程度なんやけど、カラフトマスの釣り人が渡船を使って、二本滝の番屋に上陸したので、騒がしくてもっと前に目が覚めた(笑)

▲ささっと、ご飯を食べて準備する。

6時ごろ出発。

▲早朝からカラフトマスを狙う釣り人。

▲河口では、カラフトマスがたくさん。

カラフトマスは手でも捕まえられるのに( ´∀` )

▲こんな感じで( ´∀` )


▲飲み水が尽きていたので補充。

川はたくさんあるんやけど、カラフトマスが遡上していて、その死骸でめっちゃ生臭いんです。
でも、先が滝になっている川はカラフトマスが遡上できないので、ろ過して補充します。

▲念仏岩。渡渉で抜けることができるかな?って思ったけど、深い割れこみがあり渡渉できなかった。

▲どこから登るんやろ?って探したけど、なかなか見つからず、、、。


そんな時は、いったん離れてみてみましょう。
きっと見えてくる(笑)

▲ここも落ちたら即死です。

▲高巻きで越えるとFIXロープが残置されていた。

▲斜度は大したことないけど、草が滑るので要注意。


念仏岩からカブト岩の間にも小さな港がありました。
この港で、休憩して、いよいよ最後の難関カブト岩に向かったんやけど、ルートが読めない。
へつりかな?って思って突端を回り込んでも行けそうにない。

▲仲間の『直登しよう!』って案で突破することにした。

これがなかなか大変で、ガバが多いんやけど、脆くてすぐに剥がれるんです、、、。
30m程直登して、草付きの急斜面を登り切ってから、後方の2人を確保するためにロープを出した。

『こわかったぁ~』って、放心しとる(笑)

▲草付きの斜面をひたすら登る。

▲よくあんなところを直登したな。

▲カブト岩からの下降路は、心地悪い。

ゆっくり慎重に降りたらどうってことないけど、足元は砂地なので、登山靴などグリップの高い靴の方がいいと思う。

▲ごつごつした浜を抜けると、

▲砂浜になり、最終目的地の知床岬まで、あと1時間程度。

▲あと30分くらいかな。

この辺からみんなニタニタしだす(笑)

▲打ち上げられたクジラの背骨。

▲ここを登ったら、知床岬に上がれます。

▲遠くには灯台があります。

▲知床岬の看板?を探したんやけど、結局見つからず。

めっちゃ疲れたし、危なかったし、怖かったのに、到着したらみんなヘラヘラ(笑)




岬での滞在は約20分。
帰りの道中で、さっきまでなかったヒグマの足跡がっ!!
まっすぐ、同じ方向に向かって歩いとる(´・ω・`)

▲この足跡見て、『これは小さい熊ですね』って。

▲この足跡、小さい熊か??ホンマか??

居ったっ!ヒグマやっ!!カラフトマス捕まえて食べとる!


てか、だれやっ!
『これは小さい熊ですね』って言ったやつ!


▲めちゃくちゃデカぞっ!


ヤッバッ!!
泳いどる!泳いどるぞ!

「いざとなったら海に逃げよっ!」とか話してたけど、もはや意味なし( ´∀` )チーン


海に入って、カラフトマス捕らえて食べて、陸に上がってカラフトマス食べて、冬眠に備えるヒグマ。
いつまで経っても通れない俺たち。

少しずつ距離を詰めようか。って、近づくとヒグマが俺たちと同じ進行方向に向かった歩き出した。
数十m距離を保って、後ろを付いていく。

▲ドローンで空撮してみた。

▲茶褐色の大人のヒグマ。

大きな岩浜に差し掛かると、さすがに近づけへん。
岩の裏にヒグマがいたら怖いやん。

この緊張感、前夜にも経験したなっって思いながら、遠目にヒグマを捉えて付いていく。


ところがっ!


ふっと、ヒグマが消えた。
海にも、崖にも、どこにもヒグマが居らへん、、、。

なんで??
なんでなん??

ヒグマが居らへんから、帰れんようになった。
どこに居るか分らんのに、不用意に動けへん。

熊スプレーを構えて、辺りを調べたけど、見つからず。
そのまま、カブト岩に登り返して、

▲カブト岩の、てっぺんから、知床岬を眺めて。

▲来た道を帰る。


カラフトマスの遡上、ウニ、恐怖の番屋、クライミング、渡渉、へつり、深夜の行動、高巻き、すべてがオンサイトのルートファインディング、エゾ鹿、キタキツネ、干満を計算した行動。

全てが大興奮の知床岬海岸トレッキングで、唯一欠けていたヒグマとの遭遇。

知床岬に到着したときに、ヒグマに遇わなかった事だけを残念がって、口にしとったのに、最後の最後にヒグマに遇えると言う奇跡♬

このヒグマに遇ったことで、俺たちの大冒険は完ぺきなものになった。

いやぁ~、楽しい大冒険でしたっ!!





▲知床岬海岸トレッキングの動画です。ご覧ください。 
 チャンネル登録もよろしくお願いいたします。




最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP