また悪天候かよ、、、!龍王岳東稜!

当初予定していた小豆島クライミングは、連日の悪天候で中止。
せっかく調整した日程やからってことで、引き続きご依頼いただけたので、バリエーションルートへ行くことにしたんやけど、全国的に天気が悪い。
どうせ悪天候なら雨よりも雪がいいなってことで、北アルプスで考え、以前から気になっていた龍王岳に行くことにした。

龍王岳は立山の南隣の山で、アプローチが楽かな?って思ったのと、立山山域のバリエーションルートって、剱岳の源次郎や、八ツ峰、チンネなどが有名で、自分自身、”龍王岳のバリエーション??面白そう!”ってなってずっと気になっていたルート。

ルート的にも短時間で抜けられそうなんで、アプローチもいい感じなんで、龍王岳東稜南壁の二本立て。

立山駅駐車場に着くまでは、雨降らずに保ったのに、仮眠して朝起きたら小雨が降ってたけど、2年ぶりの立山山域にワクワクする♬

俺たちが通ったルートは破線。一般的には実線。

一般的には、一ノ越山荘から雪渓を利用しトラバースする図で示した実線のルートを通って、東稜に取り付くようやけど、俺たちは富山大施設横に冬季限定のベースキャンプを設営したので、雪渓を降る破線で示したルートで東稜に取り付く計画。

一ノ越山荘から富山大施設までの道中、飽きるくらい雷鳥が居た(笑)

富山大施設に到着する頃には、雨が強くなり、ベースキャンプを設置して今日の登攀は中止した。
夕飯までまあまあ時間があるので、ちょっと仮眠。

で、起きた時には雨が雪に変わって気温がぐんっと下がっていた。

ま、大したことないので夕飯の準備。

天気予報では、明日は回復傾向らしいけど、南壁はクライミングシューズがいるらしいので、さすがにこの雨、雪では登れやろな?って考えたので、東稜だけ登って帰ろうかって話している時に事件が起きたっ!!

この写真は、下山後に撮った。

チャーハン炒めとる途中、スプーンを掴んだつもりがスプーンとフライパンの底を一緒に掴んで火傷した(笑)
「さすがにこの指で南壁はあかんやろ?」ってことで、東稜確定です。

因みに、富山大施設、東稜、南壁と一般道の位置関係はこんな感じ。

翌朝4時、雪が降り続いて、積雪は10〜15cm。

雨や雪が降り続いていたのがよくわかる。

このまま、出発しても条件悪いし、東稜だけの登攀やから、時間的にはかなり余裕があるということで、出発を遅らせることにした。

6時過ぎに準備開始。
7時過ぎにベースキャンプを出発した。

降り続いた雪が悪いので、交互行動で雪渓を降り、8時半には東稜末端に着いた。

東稜沿いに雪渓を降ったんやけど、何度かシュルンドにハマった。

純粋な末端から東稜の取り付きまではただの歩き登山で約30分で取り付きに到着します(笑)

ここが東稜取り付き。

中途半端な雨と、その雨が凍った氷で嫌らしいな?って思ったので、ロープを出して登攀開始。

ロープ要らん感じやけど〜って言っている(笑)

とりあえず、50mロープいっぱいに延ばして適当な場所で1P目終了。

ガバが多くて簡単です。

セカンドも1P目終了点に到着。

天気は回復せず、悪化しているし、このペースやと、ちょっとしんどいんでコンテ(※)で行くことを伝えました。
※コンテニュアンスといって、ロープでお互いを結んで同時行動すること。

東稜が簡単すぎて物足りないので、なるべく難しいところを選んで、稜線通しで登りました。

一応稜線通し(笑)

新雪の下にある氷も割るように大きく蹴り込んで登りました。

傾斜は大したことないけど、一層下にある薄い氷が気分悪い。

ここも、右に巻けばサクッと登れるけど、面白くないので、稜線通しで!

右に巻けば簡単やろ?
でも、行かない(笑)

核心どこや??
この雪壁の上かな??

スノーブリッジがあるんです。

深さ2~3mのシュルンドが詰まって出来たスノーブリッジを渡るとチムニーです。

結局、どこが核心なのかわからんまま登頂した(笑)

龍王岳山頂から、一般道に降ってベースキャンプに無事帰宅。

少しテント内で暖を取って下山開始。
昼を過ぎて一瞬だけ見えた晴れ間。

これが実際のデータです。ご参考に。

<おまけ>
雪の大谷をバスの中から見た(笑)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP