これが終点、知床岬!

いつ寝たんやろ?
起こされたら朝でした(笑)

準備をしていると、船が到着しました。

一人が寄ってきて、
『みなさん、1日でここまで来たんですか?』
『すごいですね』
と。

いろいろ話を聞くと、NHKの”テントを担いで”って番組のロケに来たとのこと。
相泊港から知床岬までのエリアは、動力船での着岸、離岸は禁止です。

NHKのチカラでしょうか?(笑)

あとで、分かったんですが、高橋庄太郎さんって方でした。
因みに、私は初めて知りました💦

水分補給時は浄水器を使います。
恐ろしいエキノコックス対策です。

水分補給して、まずは、念仏岩
南側にオーバーハングした大岩をトラバースし、その後直登します。
北側は落差2〜30mの崖をトラバースし、その後、垂壁があります。
ここでは、滑落し頭蓋骨陥没の重傷を負った例も報告されており、侮れない極めて危険な場所です。

最後の番屋に向けて海岸歩き。

その後、最後の難所カブト岩に向けて登ります。

カブト岩は、内陸部に深い切れ込みがあり、干潮時でも通過できません。
なので、約100mの高巻きを行います。

その後、北側に約150mの下降があります。

ここにはロープがありませんが、去年から私たちが残したバックアップロープ(黒)を使ってください(笑)
今回は自分たちが残置したロープを使って降下。

カブト岩のコル横にある小ピークからは、終点の知床岬が見えます。

あとは、海岸を1時間くらい歩くと岬に上がれますが、ここは知床半島でも有数のヒグマ密集地域。
あちこちにヒグマの足跡が残っています。

長ーい海岸歩きを経て、総行動時間29時間、総行動距離23kmの終着点、知床岬に到着です。

大興奮の知床岬トレッキング、楽しんでいただけたようで安心しました♬

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP