龍王岳 南壁を並行登攀

源次郎を終えて、久々の山行。
Thunder bird Hillsのふじもっちゃん絡みの仲間に声をかけたら結局9人集まった(笑)

マルチのアルパインを楽しめる場所ってことで考えたのが、”龍王岳南壁”
ここってA稜〜E稜が龍王岳山頂に向けて並行しているので、同じルートを登らなくても、登攀できるし、何と言ってもお隣で登坂している仲間を見ることができるんです。

これに、無線を導入したので、全員が一緒に登っているのような感覚でワイワイしゃべりながら登攀出来たので、めちゃくちゃ楽しかったです。

まずは一乗越山荘まで。

きゅんです。は、もう古いですよぉ。

Thunder bird Hills

有香さんが様になっている(笑)

途中で、カムセットのプチ講習会(笑)

各組、それぞれの稜線に取り付き登攀開始。

お隣も丸見え(笑)

B稜1ピッチ目終了点

お隣も順調の様です。

こちらは2ピッチ目スタート。

2ピッチ目終了点から。

空撮したB稜とC稜の上部。

4ピッチ目から。

ここを登ったら山頂まで歩きです。

俺たちを待ってくれた仲間

一足先に登頂した仲間

今日は雷鳥沢キャンプ場泊です。

日が暮れてきた(笑)

翌日も登って変える予定やったけど、明け方に雨が降ったので、中止して下山。
風呂入って、おいしいカレーを食べにいきました。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP