トランジットを利用しバンコク散策

翌朝は関空まで送ってくれて、チェックインやら出国手続きが終わるまで付き添ってくれた。
これが、後にめちゃくちゃ助かることになる。

搭乗前のひととき

おれは、スターアライアンスの上級会員で、優先搭乗やら、荷物重量が優遇されたり、ラウンジを無料で使えたり、各種恩恵を受けられる。
荷物の重量なんか一度も引っかかったことなかったのに、今回初めて、重量超過の指摘を受けた。
で、8kgオーバーしていると。
これを載せるには1kg70$払って(笑)

大慌てで削れるものを探してんけど、そもそも、旅行じゃない遠征では削れるものがほとんどない。
結局、台車2台を手放すことにして、ゲイラはんに持って帰ってもらうことにした。

とりあえず、これで重量規制はクリアできたので、ゆっくり朝ごはんを食べに行けると向かったんやけど、現在の関空はコロナ影響もあり、ほとんどの店が閉店している。開いている店も営業開始時間が遅いので注意が必要!

俺らは和食を食べに行ったんやけど、よく考えたらそんなにゆっくりできる時間もなく大慌てで食べて、飛んで店を出た(笑)

せめて交通費だけでも!の押し付け合い

別れを惜しもうかと保安検査に入って後ろ見たらもぉ居らんかった(笑)

ゲイラはん、ありがと!

今回もタイ航空を利用したので、乗り換えのハブ空港はバンコク。
おれは乗り継ぎでバタバタすることが大嫌いやから、いつも余裕を持った時間を取るんやけど、今回、一緒に行く仲間は初バンコクってことで、更に多めの7時間程余裕がある便にした。

彼女が3年ほどバンコクに駐在していたこともあり、おれは度々訪れたことがある国。
旅を入れると10回目くらいのバンコクとなり、正直、面白くも何ともない(笑)

とりあえず、バンコク=GOGO BARってことで、ナナプラザと、オレが好きなプーパッポンカリー(蟹の卵とじカレー)を食べに行くことにした。
※ナナプラザは裸のネェちゃん(本当にネェちゃんかどうかはわからん)が踊っているモール。

ナナプラザは相変わらず異様で、形だけの持ち物検査を受けるとすぐに入れる。
けど、以前と違って人は少ないし、閉まっている店がほとんど。
結局、どの店にも入らず、カニを食べに行くことにした。

プーパッポンカリーで有名な店は、ソンブーンやけど、正直飽きたので、今回はサヴォイって店に連れて行くことにした。
サヴォイは邦人出張者を接待していたお店で日本人の口に合うと評判がいい。

好きなカニを選んで注文するスタイル。

空芯菜炒めなどを食べて少し早いけど空港に戻った。

ラウンジでシャワーを使って、軽食を食べて、深夜1時(バンコク時間)チューリッヒに向けて飛び立った。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP