リッフェルホルントレーニング

アイゼン、ロープワークの練習日。
多くの人は、ブライトホルン(ハーフトラバース)で練習するんやけど、取り付きまでの時間や交通費を考えると、リッフェルホルンが断然おすすめ。

テントを開けたらマッターホルン

リッフェルホルンはツェルマット駅前にあるツェルマットGGB駅から乗車する。
乗車は進行方向右側がおすすめ。
走り出してすぐにマッターホルンが見えてくる。

リッフェルホルンは、ローテンボーデン駅下車。
1時間に1本程度やから、乗車には余裕を持って行動したほうがいい。

列車を降りると目の前に現れるドーム型の岩山がリッフェルホルン。

この岩山がリッフェルホルン

リッフェルホルンはルートがたくさんあるからどれでも楽しめる。
今回は、ルートNo.1(egg-4d)ルート6ピッチに行こうと思う。

スラブ質で取り付きまで、ピンや岩にロープを掛けてコンテ(同時行動)で進むヨーロッパスタイル。

これは慣れていないと怖いし、何より時間を食って登頂が難しくなる。

けど、後ろには、以前登ったスイス最高峰のプンタ・デュフール(モンテローザ)やゴルナー氷河の壮大な景色が広がっていてついつい足を止めてしまう。

ブライトホルン山群

モンテローザ山群とゴルナー氷河

リッフェルホルンの1番奥について準備を整え1ピッチ目スタート。

ところが、出だしから難しい(笑)
スラブでテカテカの岩に登山靴では足が進まん。
少しづつ登って行ったんやけど、そもそもギアが足りん(笑)

判断に時間を掛けるのはもったいないので、4ピン目まで上がったところで中止を決意。
捨てスリングを通して懸垂で下降、通常ルートからリッフェルホルンを登ることにした。

通常ルートもアルパインクライミングやねんけど、碁石の様にテカテカの岩で、握っても足を置いても滑る(笑)
そこを確保なしのフリーで登ると緊張感が半端なくいい練習になったけど、さすがにみゆきちゃんにそれをさせることはできないので、セカンドは確保して登らせた。

別の組が登ってるんわかる?

最終ピッチでクラック沿いに7m程右上するんやけど、クライミングルートでの時間消費や、今日下山してくる猪熊さんと一緒にご飯に行く予定やから、ここまでとした。

リッフェルホルン下には小さな池があって、よくポスターで見る”逆さマッターホルン”の写真を撮って帰りの電車に乗った。

みゆきちゃん、ノってきました
でも、逆さまったーホルンは映ってない

しかし、猪熊さんとは会えず(笑)
長岡さん(国際ガイド)の都合でシャモニーに戻ったらしい。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP