五色ヶ原の天国

前回”過酷な黒部湖畔”はここをクリック

夏山コースタイムは4時間半。
平ノ小屋から五色ヶ原に向かいます。

ペースを考えて深夜に出ようかと思ったけど、昨日のように崩落とかあると危ないので結局早朝6時発にしました。

出発してすぐ、ところどころに残る残雪の踏み抜きでペースは相変わらず。。
しかも、クマの足跡を発見。

160503 (2)
▲まだ新鮮な足跡でしょ。

クマの足跡を見てから周りを警戒しながら歩くことに・・・。

出発して2時間、急登を登り続けやっと水晶岳の目線に近づいてきた。

160503 (3)

雄山も見えてきました。

160503 (6)


だいぶ、登ってきました。

160503 (9)


160503 (10)

自重も入れて約100kgの身体で雪の上を歩くと抜けるし、沈むし大変です。
8時間かかって五色ヶ原に到着。

予報通り、すでに強風が吹いています。
明日は、もっとひどい悪天候予報です。

どこに雪洞掘ろうかと考えていると、五色ヶ原小屋の前に人の足跡が・・・。

小屋の周りをまわってみると宿の主人(志鷹さん)が雪かきしてました。
事情を話すと営業前の部屋を使わせてくれることに。

いやぁ~、やっぱり山小屋は天国ですねっ!!

お返しに雪かきなど月末に控えてた営業の準備を手伝いました。

160503 (16)

160503 (19)
▲例年だとこの尾根登って大屋根の上まで行けるそうです。今年は異常だそうです。

160503 (22)
▲食堂も貸し切り(笑)

160503 (25)
▲ふるまってくれた雑炊。おいしすぎて4杯も食べてしまった!!

五色ヶ原はだだっ広く遮るものがないので、予報以上の烈風に小屋はおおきく揺れていました。
ここでテント張っていたらぶっ飛ばされていましたね・・・。

あすは悪天候なので五色ヶ原に停滞です。


次回”五色ヶ原で停滞”はここをクリック


最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

PAGE TOP