上越、会津遠征 (巻機山)

先に言うと、この山は、何といっても山頂がしょぼい(笑)

でも、何かしらのトラブル等がないと記事にするネタもないけど、この山は山頂がしょぼい!
これだけで十分な気がする(笑)


予定通り、出発、整備された明瞭な登山道を登っていくと、井戸尾根の急登に当たる。


ここは開けていて登りやすい。

▲雨が降らなかったら登るはずやったヌクビ沢ルート。


ニセ巻機って呼ばれる前巻機山から見える風景はなかなかのもの。





時間的に十分な余裕があるので、避難小屋で大きく休憩し、山頂に向かった。

途中にある、”井戸尾根コース分岐”には、とても立派な標識があって、”ここが山頂か?”って思ったんやけど違うみたい。


地図を見ると、この場所から約10分進んだところに山頂があるらしい。

その山頂がこちら(笑)

▲標識が枝って(笑)


どう?
久弥どうした?って感じやんね?(笑)

あ、これって久弥のせいでもないか(笑)


これで、上越、会津遠征は終わりなんやけど、せっかく新潟まで来たので、帰路にある皇海山も計画してたんやけど、予定していた登山口にアクセスできないことが分かったので、空木岳に登って帰ることにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です